日本全国-風俗CITY-デリヘル・ヘルス・ソープ・ピンサロ情報

風俗情報ブログ「風俗CITY」は日本全国のソープ、デリヘル、ヘルス、ピンサロなどの体験談を紹介!

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 香川の市町村 | TOP | 徳島県 徳島市 情報 >>

2009.11.17 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2009.11.13 Friday

香川県・高松市など、デリヘル情報の決定版!!

 

香川 デリヘルと関係なくても、、

香川デリヘル コラム 讃岐うどん

香川県といえば、やっぱり讃岐うどんです。近頃では密かなブームで「はなまるうどん」みたいなファストフード店も巷でよくみかけ、これがなかなか繁盛しているようですね。
ちなみに、余談ですが「はなまるうどん」のイメージキャラクターはヴァンダレイ・シウバです。なんでも来日する際には必ず訪れるらしく、そんなこんなでイメージキャラクターに抜擢されたとか・・・なんでも生涯無料パスなるものを贈呈されたとか。
話はそれましたが、このこの讃岐うどんって名前は近年定着したそうですね。それは後でお話しするとして、まず、この讃岐うどんですが、いくつか定義があるそうです。
まず第一に香川県内で製造されたもの、そして手打、手打式(風)のもの、加水量が小麦粉重量に対し40%以上であること、食塩が小麦粉重量に対し3%以上であること、熟成時間が2時間以上であること、ゆで時間約15分間で十分アルファ化されていること、なんだそうです。ただ、この条件は、讃岐うどんとして「名物」や「本場」・「特産」ってのを名乗る場合にのみ適用されるそうです。ですが、「讃岐うどん」という呼称は、香川県外ではしばしば具なしのうどんの名称として、またはほかのうどんメニューと区別するための記号として用いられることがあるそうです。讃岐うどんハードル高いですね。

さて、先述した讃岐うどんって呼ばれるようになった時代ですが、伝来時期などは明らかではないんですが、「讃岐うどん」という特別な呼称ができたのは古くはなく、香川県のうどんを名物として宣伝しだした1960年代頃と考えられているそうです。商品として製麺する讃岐うどんについては先述のような定義もありますが、香川県内のうどん店や家庭などで作られるうどんは一般にどれも讃岐うどんとされるそうですね。
香川県内ではうどんが特に好まれていて県民の生活の中で特異な位置を占めているそうで、一人当たりの年間うどん消費量は230玉なんだそうです。もちろん消費量日本1です。日本国内でのうどん総生産量を比較してみると、2006年の時点で香川県は60,660トンで、2位の埼玉県でも19,827トンですからその差は大きく上回っているんですね。また、ゆでうどん・生うどん・乾燥うどんの3種類すべてで生産量が1位となっているそうです。
讃岐・香川に限らず、小麦粉の切り麺としてうどんは日本各地で発達していますが、近年では全国的にも讃岐うどんはブランドとして広く認知されていますよね。各地のうどんを紹介する際に「第二の讃岐うどん」とかの表現を用いることもありますからね。
なんでも香川県では大晦日は、年越し蕎麦よりも年越しうどんを食べる場合の方が多いそうです。ホントうどん好きなんですね?。

さ、せっかく讃岐うどんに詳しくなった事ですし、ここで讃岐うどん用語を勉強してさらに讃岐うどん通になりましょう。

讃岐うどん用語
だし
一般的に「つゆ」「うどんつゆ」と呼ばれているものですが、香川ではだしと呼びます。

かやく
「具の入ったうどん」のことです。蒲鉾などが少し入っただけのシンプルなものから、いくつかの具を盛り合わせたものまで様々。一般店では一番シンプルなメニューをかけではなくかやくとしているところがあります。

かけ
うすめのだし汁をかけ、刻みねぎや天かすを載せたうどんのことです。薄切りの板かまぼこを加える場合もあります。シンプルで値段も安く、20世紀後半まで最も主流の食べ方だったそうです。

生醤油(きじょうゆ)
うどん玉に醤油を少しかけただけのうどんです。しょうゆうどんとも呼ばれることがあります。醤油は火入れしないいわゆる生醤油とは限らないんだとか。調味された醤油が使われたり、薬味や具が入ることもあるそうです。麺そのものの味が味わえ、家庭でも手軽にできるため、店では「かけ」家庭では「生醤油」が讃岐うどんの定番という人も多いそうです。

釜揚げ
ファストフード店なんかでよくみかけますね。ゆでて水洗いする前の熱いうどんのことです。麺の状態のことを指すこともあれば、完成した料理のことを指すこともあります。

ぶっかけ
濃い目のだしが、少なめにかけられたうどん。ぶっかけうどんは、具のあまり乗っていないシンプルなものから豪華なものまで、店によって様々です。共通点は「濃い目のだしが少なめにかけられている」という点です。ただ発祥は、岡山県倉敷市のうどん店「ふるいち」だそうです。これが香川県に伝わり、讃岐うどんの定番メニューとなりました。

湯だめ
水洗いされたうどんを再度温めて湯に浸かった状態で供されたもの。だしにつけて食べるうどんです。釜揚げうどんと対比されて使われます。最も古い食べ方で、夏期は冷水に入れて冷やしうどんとします。待たされることもある釜揚げ系統の、急ぎの客向けの代用メニューともされていて、釜玉に対する「あつ玉」も同じです。もちもち感が少し損なわれます。

しっぽく
肉や根菜類を煮た甘めの汁をかけたうどんのことです。家庭では里芋、ニンジン、大根、油揚げなど、店では天ぷらやちくわなどが具に入ります。秋から冬を中心に食べられる、東讃地方の郷土料理です。

釜玉(かまたま)
これもよく見かけますね。湯を切った釜揚げのうどん玉、卵、薬味、だしまたは醤油を混ぜて作られるうどんです。うどん玉が冷めないうちに卵をかき混ぜて半熟にし、少量ずつ薬味と出汁を自分の好みに合わせ、揚げ玉を入れます。綾川町の山越うどんが発祥といわれています。余談ですがサッカー四国社会人リーグのカマタマーレ讃岐の名称の由来にもなっているそうです。

コンテンツ
★香川のデリヘル情報及び風俗情報


2009.11.17 Tuesday

スポンサーサイト


23:33 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://fuzoku-city.jugem.jp/trackback/11

トラックバック

▲top