日本全国-風俗CITY-デリヘル・ヘルス・ソープ・ピンサロ情報

風俗情報ブログ「風俗CITY」は日本全国のソープ、デリヘル、ヘルス、ピンサロなどの体験談を紹介!

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2009.11.17 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2009.11.17 Tuesday

徳島県 徳島市 情報

 

徳島情報 阿波踊り
阿波踊りは、有名ですが徳島のものっての知りませんでした。徳島県(旧・阿波国)内各地の市町村で開催される盆踊りで、なかでも徳島市の阿波踊りが県内最大規模で最も有名だそうで、四国三大祭り、日本三大盆踊りの一つに数えられています。また、日本三大阿波踊りとして徳島、高円寺、南越谷の各阿波踊りが挙げられるそうです。
実はこの阿波踊り約400年の歴史があるそうです。精霊踊りや念仏踊りが原形であるといわれていますが、起源は明らかになってはいないらしいです。徳島藩が成立して以後、盛んに踊られるようになったとされ、徳島城が竣工した際、当時の阿波守蜂須賀家政が城下に「城の完成祝いとして、好きに踊れ」というお触れを出したことが発祥という説もあるんだとか。
阿波踊りという名称は、徳島県内の各地で行われてきた盂蘭盆の踊りの通称で、昭和初期からそう呼ばれるようになったんだとか。

阿波踊りとは三味線、太鼓、鉦(かね)、横笛などの2拍子の伴奏にのって踊り手の集団「連」が踊り歩きます。女性は優雅に、男性は腰を落として豪快に踊ることが特徴です。
「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」と唄われるよしこのは有名ですね。しかし、よしこのは大手の有名連以外ではあまり使われず、主に「ヤットサーヤットサー」という掛け声のほうが多いようです。全国的には「えらいやっちゃ」が有名すぎるせいか、「ヤットサー」の知名度はあまり高くないですね。企業連などではこのほか商品名や会社名が入った独自のかけ声が使われたり、「1かけ2かけ3かけて、しかけた踊りはやめられぬ。5かけ6かけ7かけて、やっぱり踊りはやめられない」と言ったものも使われているそうです。また、「ワッショイ踊り」のような邪道踊りでは「ソレソレソレ…」等と言った単にやかましいだけやバカ騒ぎをするためだけのものも存在しているらしいです。
近年は徳島以外でも、各地(特に関東地方)で夏のイベントとして阿波踊りが催されており、徳島の阿波踊り連がその指導に当たっているそうです。有名なものとして、高円寺の商店街の青年部が、町おこしとして夏のイベント用に阿波踊りの様なものを導入し、やがて都内在住の徳島県出身者から指導を受ける形で発展した「東京高円寺阿波踊り」がありますね。また,埼玉県の南越谷阿波踊りや、神奈川県大和市の阿波踊りも有名です。
また、徳島県内の学校では体育祭や運動会などで「阿波踊り」を演目として採用している学校も多く、授業で阿波踊りを経験した地元住民も多いそうです。

さて先述の通り阿波踊りでは一つの踊りのグループの事を「連(れん)」と言います。徳島県には有名連と呼ばれる連が多数あって、主に阿波踊り振興協会と徳島県阿波踊り協会のいずれかの協会に所属しているんだとか。ただ、いずれの協会にも属していない連もあるそうですが。大抵の徳島県民には個人個人に贔屓の連があって、「あっこの連がええ」とか「ほらやっぱりここの連やろ」といった具合に、話題になることも。
こうした有名連以外にも、踊りが好きな者同士が集まって結成した連、企業が企業名を売り込む目的で結成した企業連、大学のサークルなどで結成した大学連、気の合う仲間で結成した連、商店街で結成した連等、徳島県内には大小さまざまの数多くの連が存在しています。殆どの連は先頭に連名を書いた巨大な提灯を掲げて浴衣などに名前を入れて踊っているのが特徴ですね。また、徳島県外には、徳島県出身者が主体となって結成した連もあって、関西を本拠地とする阿波踊りの連の中には、徳島県出身者が始めたものが多いといいます。基本的に「連長」「副連長」からなる幹部から結成されているんですが、踊りの良し悪しはあまり関係していないらしいです・・・また、演舞場まわりは基本的に連長が決めるものであるそうですが、殆どの場合当日までどこの演舞場で踊るのかといった詳細ルートに関しては有料の演舞場や選抜踊り以外は全く決まっていないことも多いために、当日になって移動中に踊り披露となったり、時間の空いた演舞場へ急遽飛び入りということも少なくないといいます。
徳島の阿波踊りには、以上にみてきたような連が1000組(うち企業連が350前後)にも上るほど参加していて、さらに街頭での参加者まで含めれば、総参加者数は10万人にも上るといわれているそうです。
また、タレント等が、連に混じって登場することもあって、特に高橋英樹や野々村真らは毎年のように参加しているそうです。また、大村崑は30年以上も大塚の企業連に夫婦で参加し続けています。

ただ、問題点もあるようで、阿波踊り期間中には、毎年多くの観光客が徳島市を訪れるのですが、期間中の徳島市は宿泊施設が不足して、大半の観光客は22時半の演舞終了とともに徳島市を去ってしまうということです。
このように「地元に金を落としていかない」観光客のあり方は、地元観光業界にとって悩みの種であるようで、市内だけが便利すぎる交通設備を持ってしまったが故の皮肉な結果といえます。また、近年、四国の高速道路網が充実しつつあるのも、「すぐ来て、すぐ去る観光客」を生み出す遠因になっているそうです。
たとえ宿泊施設を作ったとしても、元々観光に対して積極的では無かった為に、この阿波踊りの時期以外に観光する場所や観光地の受け入れ態勢が少なく、普段から宿泊してもらえない為宿泊施設を維持できないという問題点もあるようで、これは以前からの問題としてあったが、交通の便が良くなった事でより鮮明になったと言えるでしょう。
2007年はさらにこの傾向が顕著に現れていて、盆が比較的平日寄りに重なったこともあり、無料演舞場周りや市内周りのツアーが多数組まれたことから有料演舞場の多くで空席が目立ち、メインステージの一つである徳島市役所前の演舞場に至っては座席の殆どが埋まらないといった有様でした「誰でもどこでも参加でき、観覧できる」という部分が完全に仇となった形ですね。一方で、「やっこ踊り」等のように、場所を取るが見せ場のある踊りは有料演舞場向けとも言え、今後有料演舞場の価値をどのように上げるかが課題となっているそうです。
また、もともと有料演舞場については「誰でも好き勝手に踊っていたのがルーツなのに、どうして金を出してまで見る必要があるのか?」といった反対意見が今でもあって、街中で見る方が臨場感が高い事から、徳島県民のほとんどは有料演舞場で見る習慣が無いようです。
このように、課題も多くありますがこれからも阿波踊りがもりあがっていくといいですね。



<a href="http://www.tokushima-koizora.com/"><img src="http://www.tokushima-koizora.com/image/banner/banner_468.gif"></a>


▲top