日本全国-風俗CITY-デリヘル・ヘルス・ソープ・ピンサロ情報

風俗情報ブログ「風俗CITY」は日本全国のソープ、デリヘル、ヘルス、ピンサロなどの体験談を紹介!

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2009.11.17 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2009.11.13 Friday

日本の性風俗店事情

 

風俗店(ふうぞくてん)とは、一般に性的なサービスを与える店のこと。性風俗店。主に法律上「性風俗関連特殊営業」に分類されている店を指す。


 

風俗


元来風俗とは、生活上見られる風習や慣わしのことを意味する。ダンスやマージャンなど善良な風俗に影響を及ぼす営業が「風俗営業」として警察の許可を要するようになり、1980年代に流行したノーパン喫茶、テレクラなど性風俗営業の多様化とともに、風俗店という呼び方が定着してきた。


 

風俗営業


ゲームセンターやパチンコ店、料理店等、接待飲食等営業や遊技場営業は風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定された風俗営業であるが、風俗=性風俗という意識が定着してしまったため、これらが風俗店と呼ばれることはあまりない。


 

風俗店の種類


今日の風俗店にはサービス内容により様々な店がある。女性が男性にサービスする業態の店が主流であるが、現在は性の解放や複雑化が進み、男性から女性へのサービスの店や、ニューハーフから男性へのサービス、男性から男性へのサービス、女性から女性へのサービスなど様々な業態がある。

サービスの内容は、特に女性が男性にサービスをする業態の店に顕著だが、手で陰部を刺激するだけのものからSMプレイまで非常にバラエティに富んでいる。料金にもかなり格差があり、利用者はその中から自分にあったサービスの店を利用できる。


 

問題点


その特殊な形態から嫌悪感を示す人も居り、青少年に与える影響や近隣地域における風紀の悪化などの点から危惧する声もある。また性病、特にエイズの蔓延が心配されている。エイズはその長い潜伏期間から発見が難しく、日本での潜在的感染者は十万人を超えると言われる。店側でも対策は行われているようだが十分と言えるレベルを満たしているとは考えられず、対策を行っていたとしても感染のリスクはゼロではない。従って、これらの店を利用する場合にはある程度のリスクを背負っているという自覚を持ち、定期的に検査を受けるなどの対策を行う必要があるといえる。


 

立地


江戸時代には、城下町の外に遊郭が設けられ、制限された地域に立地していた。昭和になるにつれて、大規模病院の周辺、港町の商店の裏道などにも立地した(ヨーロッパも同様の傾向)。戦後は赤線地帯に立地が制限された。現在は、飲み屋が集中する歓楽街の中や隣接地に立地することが多い。


 

日本の性風俗


日本は売春防止法の制定により、業務としての売春行為は禁止されている(売春そのものは合法)。原則上、性風俗店では本番(性交=陰茎の膣挿入)が禁止であるが、ソープランドで本番行為があることは公然の秘密であり、店と客の双方における暗黙のルールとなっている。

日本は非本番系の風俗が豊富であり、世界でも最も性風俗の種類があると言う説もあるが、いちがいには言えない。

アジア各国には、理髪店や喫茶店、カラオケボックス、スポーツジムなどが売春のための施設となっている場合があり、日本の常識では考えられないところにまで売春業種が関連している。日本では、これらの売春業種と比べれば性風俗店とそうでないところというのは、それなりに分けられているのであり、これら生活圏にまで性風俗店が入り込むことはない。

 


種類
 

ソープランド
ファッションヘルス
イメージクラブ
SMクラブ
デリバリー(出張)ヘルス
ピンクサロン
キャバレー
ストリップ劇場
のぞき部屋  
個室ビデオ(ビデオボックス)
テレフォンクラブ
アダルトショップ
ウリ専
キャバクラ (本来、性風俗店ではない)
お触りキャバクラ
ノーパンしゃぶしゃぶ


▲top