日本全国-風俗CITY-デリヘル・ヘルス・ソープ・ピンサロ情報

風俗情報ブログ「風俗CITY」は日本全国のソープ、デリヘル、ヘルス、ピンサロなどの体験談を紹介!

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2009.11.17 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2009.11.17 Tuesday

徳島県 徳島市 情報

 

徳島情報 阿波踊り
阿波踊りは、有名ですが徳島のものっての知りませんでした。徳島県(旧・阿波国)内各地の市町村で開催される盆踊りで、なかでも徳島市の阿波踊りが県内最大規模で最も有名だそうで、四国三大祭り、日本三大盆踊りの一つに数えられています。また、日本三大阿波踊りとして徳島、高円寺、南越谷の各阿波踊りが挙げられるそうです。
実はこの阿波踊り約400年の歴史があるそうです。精霊踊りや念仏踊りが原形であるといわれていますが、起源は明らかになってはいないらしいです。徳島藩が成立して以後、盛んに踊られるようになったとされ、徳島城が竣工した際、当時の阿波守蜂須賀家政が城下に「城の完成祝いとして、好きに踊れ」というお触れを出したことが発祥という説もあるんだとか。
阿波踊りという名称は、徳島県内の各地で行われてきた盂蘭盆の踊りの通称で、昭和初期からそう呼ばれるようになったんだとか。

阿波踊りとは三味線、太鼓、鉦(かね)、横笛などの2拍子の伴奏にのって踊り手の集団「連」が踊り歩きます。女性は優雅に、男性は腰を落として豪快に踊ることが特徴です。
「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」と唄われるよしこのは有名ですね。しかし、よしこのは大手の有名連以外ではあまり使われず、主に「ヤットサーヤットサー」という掛け声のほうが多いようです。全国的には「えらいやっちゃ」が有名すぎるせいか、「ヤットサー」の知名度はあまり高くないですね。企業連などではこのほか商品名や会社名が入った独自のかけ声が使われたり、「1かけ2かけ3かけて、しかけた踊りはやめられぬ。5かけ6かけ7かけて、やっぱり踊りはやめられない」と言ったものも使われているそうです。また、「ワッショイ踊り」のような邪道踊りでは「ソレソレソレ…」等と言った単にやかましいだけやバカ騒ぎをするためだけのものも存在しているらしいです。
近年は徳島以外でも、各地(特に関東地方)で夏のイベントとして阿波踊りが催されており、徳島の阿波踊り連がその指導に当たっているそうです。有名なものとして、高円寺の商店街の青年部が、町おこしとして夏のイベント用に阿波踊りの様なものを導入し、やがて都内在住の徳島県出身者から指導を受ける形で発展した「東京高円寺阿波踊り」がありますね。また,埼玉県の南越谷阿波踊りや、神奈川県大和市の阿波踊りも有名です。
また、徳島県内の学校では体育祭や運動会などで「阿波踊り」を演目として採用している学校も多く、授業で阿波踊りを経験した地元住民も多いそうです。

さて先述の通り阿波踊りでは一つの踊りのグループの事を「連(れん)」と言います。徳島県には有名連と呼ばれる連が多数あって、主に阿波踊り振興協会と徳島県阿波踊り協会のいずれかの協会に所属しているんだとか。ただ、いずれの協会にも属していない連もあるそうですが。大抵の徳島県民には個人個人に贔屓の連があって、「あっこの連がええ」とか「ほらやっぱりここの連やろ」といった具合に、話題になることも。
こうした有名連以外にも、踊りが好きな者同士が集まって結成した連、企業が企業名を売り込む目的で結成した企業連、大学のサークルなどで結成した大学連、気の合う仲間で結成した連、商店街で結成した連等、徳島県内には大小さまざまの数多くの連が存在しています。殆どの連は先頭に連名を書いた巨大な提灯を掲げて浴衣などに名前を入れて踊っているのが特徴ですね。また、徳島県外には、徳島県出身者が主体となって結成した連もあって、関西を本拠地とする阿波踊りの連の中には、徳島県出身者が始めたものが多いといいます。基本的に「連長」「副連長」からなる幹部から結成されているんですが、踊りの良し悪しはあまり関係していないらしいです・・・また、演舞場まわりは基本的に連長が決めるものであるそうですが、殆どの場合当日までどこの演舞場で踊るのかといった詳細ルートに関しては有料の演舞場や選抜踊り以外は全く決まっていないことも多いために、当日になって移動中に踊り披露となったり、時間の空いた演舞場へ急遽飛び入りということも少なくないといいます。
徳島の阿波踊りには、以上にみてきたような連が1000組(うち企業連が350前後)にも上るほど参加していて、さらに街頭での参加者まで含めれば、総参加者数は10万人にも上るといわれているそうです。
また、タレント等が、連に混じって登場することもあって、特に高橋英樹や野々村真らは毎年のように参加しているそうです。また、大村崑は30年以上も大塚の企業連に夫婦で参加し続けています。

ただ、問題点もあるようで、阿波踊り期間中には、毎年多くの観光客が徳島市を訪れるのですが、期間中の徳島市は宿泊施設が不足して、大半の観光客は22時半の演舞終了とともに徳島市を去ってしまうということです。
このように「地元に金を落としていかない」観光客のあり方は、地元観光業界にとって悩みの種であるようで、市内だけが便利すぎる交通設備を持ってしまったが故の皮肉な結果といえます。また、近年、四国の高速道路網が充実しつつあるのも、「すぐ来て、すぐ去る観光客」を生み出す遠因になっているそうです。
たとえ宿泊施設を作ったとしても、元々観光に対して積極的では無かった為に、この阿波踊りの時期以外に観光する場所や観光地の受け入れ態勢が少なく、普段から宿泊してもらえない為宿泊施設を維持できないという問題点もあるようで、これは以前からの問題としてあったが、交通の便が良くなった事でより鮮明になったと言えるでしょう。
2007年はさらにこの傾向が顕著に現れていて、盆が比較的平日寄りに重なったこともあり、無料演舞場周りや市内周りのツアーが多数組まれたことから有料演舞場の多くで空席が目立ち、メインステージの一つである徳島市役所前の演舞場に至っては座席の殆どが埋まらないといった有様でした「誰でもどこでも参加でき、観覧できる」という部分が完全に仇となった形ですね。一方で、「やっこ踊り」等のように、場所を取るが見せ場のある踊りは有料演舞場向けとも言え、今後有料演舞場の価値をどのように上げるかが課題となっているそうです。
また、もともと有料演舞場については「誰でも好き勝手に踊っていたのがルーツなのに、どうして金を出してまで見る必要があるのか?」といった反対意見が今でもあって、街中で見る方が臨場感が高い事から、徳島県民のほとんどは有料演舞場で見る習慣が無いようです。
このように、課題も多くありますがこれからも阿波踊りがもりあがっていくといいですね。



<a href="http://www.tokushima-koizora.com/"><img src="http://www.tokushima-koizora.com/image/banner/banner_468.gif"></a>


2009.11.13 Friday

香川県・高松市など、デリヘル情報の決定版!!

 

香川 デリヘルと関係なくても、、

香川デリヘル コラム 讃岐うどん

香川県といえば、やっぱり讃岐うどんです。近頃では密かなブームで「はなまるうどん」みたいなファストフード店も巷でよくみかけ、これがなかなか繁盛しているようですね。
ちなみに、余談ですが「はなまるうどん」のイメージキャラクターはヴァンダレイ・シウバです。なんでも来日する際には必ず訪れるらしく、そんなこんなでイメージキャラクターに抜擢されたとか・・・なんでも生涯無料パスなるものを贈呈されたとか。
話はそれましたが、このこの讃岐うどんって名前は近年定着したそうですね。それは後でお話しするとして、まず、この讃岐うどんですが、いくつか定義があるそうです。
まず第一に香川県内で製造されたもの、そして手打、手打式(風)のもの、加水量が小麦粉重量に対し40%以上であること、食塩が小麦粉重量に対し3%以上であること、熟成時間が2時間以上であること、ゆで時間約15分間で十分アルファ化されていること、なんだそうです。ただ、この条件は、讃岐うどんとして「名物」や「本場」・「特産」ってのを名乗る場合にのみ適用されるそうです。ですが、「讃岐うどん」という呼称は、香川県外ではしばしば具なしのうどんの名称として、またはほかのうどんメニューと区別するための記号として用いられることがあるそうです。讃岐うどんハードル高いですね。

さて、先述した讃岐うどんって呼ばれるようになった時代ですが、伝来時期などは明らかではないんですが、「讃岐うどん」という特別な呼称ができたのは古くはなく、香川県のうどんを名物として宣伝しだした1960年代頃と考えられているそうです。商品として製麺する讃岐うどんについては先述のような定義もありますが、香川県内のうどん店や家庭などで作られるうどんは一般にどれも讃岐うどんとされるそうですね。
香川県内ではうどんが特に好まれていて県民の生活の中で特異な位置を占めているそうで、一人当たりの年間うどん消費量は230玉なんだそうです。もちろん消費量日本1です。日本国内でのうどん総生産量を比較してみると、2006年の時点で香川県は60,660トンで、2位の埼玉県でも19,827トンですからその差は大きく上回っているんですね。また、ゆでうどん・生うどん・乾燥うどんの3種類すべてで生産量が1位となっているそうです。
讃岐・香川に限らず、小麦粉の切り麺としてうどんは日本各地で発達していますが、近年では全国的にも讃岐うどんはブランドとして広く認知されていますよね。各地のうどんを紹介する際に「第二の讃岐うどん」とかの表現を用いることもありますからね。
なんでも香川県では大晦日は、年越し蕎麦よりも年越しうどんを食べる場合の方が多いそうです。ホントうどん好きなんですね?。

さ、せっかく讃岐うどんに詳しくなった事ですし、ここで讃岐うどん用語を勉強してさらに讃岐うどん通になりましょう。

讃岐うどん用語
だし
一般的に「つゆ」「うどんつゆ」と呼ばれているものですが、香川ではだしと呼びます。

かやく
「具の入ったうどん」のことです。蒲鉾などが少し入っただけのシンプルなものから、いくつかの具を盛り合わせたものまで様々。一般店では一番シンプルなメニューをかけではなくかやくとしているところがあります。

かけ
うすめのだし汁をかけ、刻みねぎや天かすを載せたうどんのことです。薄切りの板かまぼこを加える場合もあります。シンプルで値段も安く、20世紀後半まで最も主流の食べ方だったそうです。

生醤油(きじょうゆ)
うどん玉に醤油を少しかけただけのうどんです。しょうゆうどんとも呼ばれることがあります。醤油は火入れしないいわゆる生醤油とは限らないんだとか。調味された醤油が使われたり、薬味や具が入ることもあるそうです。麺そのものの味が味わえ、家庭でも手軽にできるため、店では「かけ」家庭では「生醤油」が讃岐うどんの定番という人も多いそうです。

釜揚げ
ファストフード店なんかでよくみかけますね。ゆでて水洗いする前の熱いうどんのことです。麺の状態のことを指すこともあれば、完成した料理のことを指すこともあります。

ぶっかけ
濃い目のだしが、少なめにかけられたうどん。ぶっかけうどんは、具のあまり乗っていないシンプルなものから豪華なものまで、店によって様々です。共通点は「濃い目のだしが少なめにかけられている」という点です。ただ発祥は、岡山県倉敷市のうどん店「ふるいち」だそうです。これが香川県に伝わり、讃岐うどんの定番メニューとなりました。

湯だめ
水洗いされたうどんを再度温めて湯に浸かった状態で供されたもの。だしにつけて食べるうどんです。釜揚げうどんと対比されて使われます。最も古い食べ方で、夏期は冷水に入れて冷やしうどんとします。待たされることもある釜揚げ系統の、急ぎの客向けの代用メニューともされていて、釜玉に対する「あつ玉」も同じです。もちもち感が少し損なわれます。

しっぽく
肉や根菜類を煮た甘めの汁をかけたうどんのことです。家庭では里芋、ニンジン、大根、油揚げなど、店では天ぷらやちくわなどが具に入ります。秋から冬を中心に食べられる、東讃地方の郷土料理です。

釜玉(かまたま)
これもよく見かけますね。湯を切った釜揚げのうどん玉、卵、薬味、だしまたは醤油を混ぜて作られるうどんです。うどん玉が冷めないうちに卵をかき混ぜて半熟にし、少量ずつ薬味と出汁を自分の好みに合わせ、揚げ玉を入れます。綾川町の山越うどんが発祥といわれています。余談ですがサッカー四国社会人リーグのカマタマーレ讃岐の名称の由来にもなっているそうです。

コンテンツ
★香川のデリヘル情報及び風俗情報


2009.11.13 Friday

香川の市町村

 


2009.11.13 Friday

宮城の市町村

 

*

と の続き


2009.11.13 Friday

宮城の市町村の人口

 

宮城県の人口

2,369,100人

宮城県の市町村 の人口

(平成14年8月現在)宮城県企画部統計課より

市町村名

人口(人)

市町村名

人口(人)

市町村名

人口(人)

市町村名

人口(人)
仙台市
1,018473
山元町
18,217
田尻町

13,186

米山町
10,961
石巻市
118,751
松島町
16,807
小牛田町
19,894
石越町
6,261
塩竈市
60,677
七ケ浜町
21,097
南郷町
6,963
南方町
9,416
古川市
73,700
利府町
31,022
築館町
15,699
河北町
13,063
気仙沼市
60,599
大和町
24,599
若柳町
14,406
矢本町
31,466
白石市
40,454
大郷町
9,632
栗駒町
13,756
雄勝町
5,008
名取市
68,130
富谷町
37,327
高清水町
4,372
河南町
17,919
角田市
33,906
大衡村
5,850
一迫町
9,258
桃生町
8,528
多賀城市
61,974
中新田町
13,811
瀬峰町
5.443
鳴瀬町
11,489
岩沼市
42,339
小野田町
7,941
鴬沢町
3,155
北上町
4,279
蔵王町
13,435
宮崎町
6,147
金成町
8,233
女川町
11,444
七ケ宿町
1,994
色麻町
8,053
志波姫町
7,472
牡鹿町
5,085
大河原町
23,061
松山町
7,032
花山村
1,585
志津川町
13,942
村田町
13,017
三本木町
8,417
迫町
22,869
津山町
4,261
柴田町
39,737
鹿島台町
13,927
登米町
5,929
本吉町
11,873
川崎町
10,705
岩出山町
13,830
東和町
8,472
唐桑町
8,615
丸森町
17,458
鳴子町
9,027
中田町
16,934
歌津町
5,541
亘理町
34,852
涌谷町
19,095
豊里町
7,320

2009.11.13 Friday

秋田の市町村

 

か の続き

は の続き


2009.11.13 Friday

岩手の市町村

 


2009.11.13 Friday

青森の市町村

 


2009.11.13 Friday

北海道の市町村

 

さ の続き

な の続き


2009.11.13 Friday

日本の性風俗店事情

 

風俗店(ふうぞくてん)とは、一般に性的なサービスを与える店のこと。性風俗店。主に法律上「性風俗関連特殊営業」に分類されている店を指す。


 

風俗


元来風俗とは、生活上見られる風習や慣わしのことを意味する。ダンスやマージャンなど善良な風俗に影響を及ぼす営業が「風俗営業」として警察の許可を要するようになり、1980年代に流行したノーパン喫茶、テレクラなど性風俗営業の多様化とともに、風俗店という呼び方が定着してきた。


 

風俗営業


ゲームセンターやパチンコ店、料理店等、接待飲食等営業や遊技場営業は風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定された風俗営業であるが、風俗=性風俗という意識が定着してしまったため、これらが風俗店と呼ばれることはあまりない。


 

風俗店の種類


今日の風俗店にはサービス内容により様々な店がある。女性が男性にサービスする業態の店が主流であるが、現在は性の解放や複雑化が進み、男性から女性へのサービスの店や、ニューハーフから男性へのサービス、男性から男性へのサービス、女性から女性へのサービスなど様々な業態がある。

サービスの内容は、特に女性が男性にサービスをする業態の店に顕著だが、手で陰部を刺激するだけのものからSMプレイまで非常にバラエティに富んでいる。料金にもかなり格差があり、利用者はその中から自分にあったサービスの店を利用できる。


 

問題点


その特殊な形態から嫌悪感を示す人も居り、青少年に与える影響や近隣地域における風紀の悪化などの点から危惧する声もある。また性病、特にエイズの蔓延が心配されている。エイズはその長い潜伏期間から発見が難しく、日本での潜在的感染者は十万人を超えると言われる。店側でも対策は行われているようだが十分と言えるレベルを満たしているとは考えられず、対策を行っていたとしても感染のリスクはゼロではない。従って、これらの店を利用する場合にはある程度のリスクを背負っているという自覚を持ち、定期的に検査を受けるなどの対策を行う必要があるといえる。


 

立地


江戸時代には、城下町の外に遊郭が設けられ、制限された地域に立地していた。昭和になるにつれて、大規模病院の周辺、港町の商店の裏道などにも立地した(ヨーロッパも同様の傾向)。戦後は赤線地帯に立地が制限された。現在は、飲み屋が集中する歓楽街の中や隣接地に立地することが多い。


 

日本の性風俗


日本は売春防止法の制定により、業務としての売春行為は禁止されている(売春そのものは合法)。原則上、性風俗店では本番(性交=陰茎の膣挿入)が禁止であるが、ソープランドで本番行為があることは公然の秘密であり、店と客の双方における暗黙のルールとなっている。

日本は非本番系の風俗が豊富であり、世界でも最も性風俗の種類があると言う説もあるが、いちがいには言えない。

アジア各国には、理髪店や喫茶店、カラオケボックス、スポーツジムなどが売春のための施設となっている場合があり、日本の常識では考えられないところにまで売春業種が関連している。日本では、これらの売春業種と比べれば性風俗店とそうでないところというのは、それなりに分けられているのであり、これら生活圏にまで性風俗店が入り込むことはない。

 


種類
 

ソープランド
ファッションヘルス
イメージクラブ
SMクラブ
デリバリー(出張)ヘルス
ピンクサロン
キャバレー
ストリップ劇場
のぞき部屋  
個室ビデオ(ビデオボックス)
テレフォンクラブ
アダルトショップ
ウリ専
キャバクラ (本来、性風俗店ではない)
お触りキャバクラ
ノーパンしゃぶしゃぶ


▲top